国際競争に打ち勝つために、アメリカの企業が新しい営業手法として導入したのがアウトソーシングです。それは管理部門や間接部門を外部化することによる業務の効率化・スリム化の実現でした。結果、企業本体は身軽になり、企業本来の品質やサービスの向上に専念できたのです。

景気の波や時代の変化に強く、数々のメリットをもたらすとして日本にもこうした企業が急増してきました。これからの時代に、もはやなくてはならない経営戦略の手段なのです。